並行輸入車の車検(ヘッドライト)の検査方法変更について…。

『暖冬…暖冬…』と言われていますが、今週は急に冷え込みが厳しくなりましたねぇ

 

週明けの月曜日には雪が降るかも…なんて予報も出ていますが、皆様は如何お過ごしですか

 

さて…このブログでも昨年末に何度かご紹介をさせて頂いた並行輸入車のヘッドライト配光加工のお話

 

レンズカットって何検査方法が変わって何がダメなの←こんな疑問をお持ちではないですか

 

そんな方の為に、今回は少し分かり易くご案内させて頂きます(下記参照)

 

 

昨年の9月から車検時のヘッドライトの検査方法がハイビームからロービームへ変わりました

 

当社のお客様でも並行輸入車にお乗りの方が沢山おりますが…皆様とても驚かれています

 

ディーラーさん含め多くの車屋さんでは『国内仕様のヘッドライトへ交換』と言われるでしょう

 

しかし…純正のヘッドライトを購入するとなると、かなりの高額な予算を覚悟しなければなりません

 

そこで当ファクトリーでは…交換よりも価格を抑えた『改善加工』という方法を実施しております

 

価格は車種によって異なりますが、並行輸入車の車検でお悩みやお困りの方、一度お問い合わせ下さい

 

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

20160116135202_00001

34,594

2015年9月時点

国内最大級の認定設備工場

自動車分解整備事業の認証

日本外国自動車輸入設備協同組合

最新テスター機器を使用

メーカー

BMW

BENZ

AUDI

VW

PORSCHE

VOLVO

GM

CADILLAC

HUMMER

FORD

LINCOLN

CHRYSLER

DODDGE

JEEP

INFINITI

TOYOTA

LEXUS

国産車/全メーカー

車両販売グループ店舗

グライド

アオバ

スポルティーバ